命の輝き寄席

命の輝き寄席
現在、私は「和芸澄川流一門エンターテイメント」で、高座ソングライターとして活動しています。
それは命の儚さ、人生はあっと間に過ぎていくということを痛感したことにより、音楽という表現で、「アトピーで辛くても一歩前進しよう」と伝えたいからです。
もちろん、酷さがピークのときは何もできません。
しかし、リンパ液じゅくじゅく状態でも包帯巻いて外出した経験上、外に出るといい意味で気が散って良いです!

今回、「命の輝き寄席」という演題で少しばかりの講演と歌を披露させていただきます。
料金はプライスレス!

どうぞお気軽にお越し下さい!

クリアヒーリングサロン
クリアヒーリングサロンHPより引用

出演者

澄川白舟(落語家) 

両親を知らないで育ち、預けられたところでは虐待を受ける。
育ての親から「人を笑わせ喜ばせる人になってほしい」と言われ、落語家を目指し今に至る。

下新庄つよし(高座ソングライター)

重症アトピー性皮膚炎を患い、ステロイド内服・点滴・外用を経験し、脱ステロイド入院も試みる。
現在も闘病中だが、「残された人生を大事に大胆に生きる」と決意し今に至る。

澄川白バン子(落語家見習い)

生まれつきの両手機能障害。
長女が小学3年生の時に再生不良性貧血となり、4年生になると骨髄移植が必要となる。
幸いにも長男(娘の弟)が適合し、幼いながらも「お姉ちゃんのためなら!」と5歳でドナーとなる。

小林仁美(婦人服店オーナー)

2017年2月14日に自宅の階段から落ちて、頚椎損傷となる。
日が明けると、首から下が全く機能しなくなり、ショックを受ける。
しかし、持ち前の明るさ元気良さでリハビリを頑張り、車椅子で動き回ることができ、現在は手すりで階段の昇降ができるようになった。

日時

2018年10月7日
16:30

場所

大阪市のエステ クリアヒーリングサロン
大阪市北区中之島4-1-17




a:317 t:1 y:0